名前
メール
件名
本文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

PCスマホ業界ってわざと少しずつ進化させてるよな?

『iPhone 6s』のホームボタン、めっちゃ熱くて触れない

feedlyフォロー
この記事にコメントする

ルーターに勝手に侵入してセキュリティを高めたハッカーの正体が判明

computer-screen-hacking.jpg
  • Linuxを搭載する1万台ものルーターに感染しておきながら、悪さをするどころかデバイスのセキュリティを高めている「Linux.Wifatch」
  • 経済誌のForbesはこのハッカーと接触してインタビューを実施。
  • 「ユーザーやデバイスに害をもたらそうというのは一切考えていません」と語る。

アンチウイルスソフトウェアで知られるSymantecが2014年に発見した「Linux.Wifatch」は、Linuxを搭載する1万台ものルーターに感染しておきながら、悪さをするどころかデバイスのセキュリティを高めていることがわかっています。

悪用されることが多いハッキングを善良な目的に使っていると見られることから、「ホワイトハッカーが登場した」などとインターネットで話題を呼びましたが、そのLinux.Wifatchを開発したハッカーがなんとマルウェアのコードを公開し、ハッキングの目的や自分の正体について語っており、さらに経済誌のForbesはこのハッカーと接触してインタビューを実施しています。

Linux.Wifatchのコードは「The White Team」というメンバーによりGitLabで公開されていて、該当ページ下部にはQ&Aが設置されています。The White TeamはQ&Aで1万台ものルーターを勝手にハックしてセキュリティを高めた目的について「まず第一に勉強のため。第二に理解するため。第三はおもしろいから。

第4は、あなたを含めた私たちのセキュリティのため。勉強のためであること以外に関して言えば、このプロジェクトは本当に利他的なもので、ユーザーやデバイスに害をもたらそうというのは一切考えていません」と語っています。

また、「信用しても大丈夫ですか?」という質問に対しては「はい」と応えていますが、「信用すべきですか?」という質問には「いいえ」と回答。ただし、「信用すべきでない」とする理由は「ユーザーに害を与えるということではなく、我々はインターネット上の全ての脅威からユーザーを守れないということ。

だから、我々だけを頼りにすべきではありません」としており、回答を見る限りでは本当に悪意を持っていないように見えます。Forbesは暗号化されたメールを介してThe White Teamのインタビューに成功。The White Teamはインタビューで自分の正体について「私は一般市民であり、有名なセキュリティリサーチャーや活動家ではありません。一連の活動で誰かからお金を得ていることもなく、自分の自由時間に行っています」と明かしました。

今後の活動に関しては、これまでにLinux.Wifatchを感染させたルーターは約10万台ですが、これを徐々に増やしていく予定。技術的には40万台にまで増やすことができるそうです。この一件について警察の捜査が及ぶ可能性については「警察が捜査する可能性もあるし、見逃してくれる可能性もあると思っています。

ユーザーの同意なしでデバイスにアクセスすることは違法なので、警察から捜査を受けるかもしれません。ただし、Wifatchはビットコインマイナーによって引き起こされる熱暴走や再起動といったことからデバイスを守ろうとするもの。

また、バグや隠されたバックドアは使われていません。こういった理由があるので、私の希望としては警察に捜査されたくないとうのが正直な気持ちです。もし、一連の行動が違法だったとしても、悪意は全くないので処罰は軽くあるべきだと思います」と話しました。

The White Teamは「ユーザーは自分が所有するデバイスの権利をきちんと持つべきで、AppleやAmazon、Samsungや他の企業が、ユーザーが望まないソフトウェアをデバイスにインストールしたりアンインストールしたりすることは
許可されるべきではありません」と持論を展開しています。

http://gigazine.net/news/20151008-person-hacked-routers/
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

PCスマホ業界ってわざと少しずつ進化させてるよな?

『iPhone 6s』のホームボタン、めっちゃ熱くて触れない

Linux だからと思うが、守銭奴 MS-Windows なら嫌がらせぐらいは加えるよね。

本当にバックドア仕込んで無いのかなあ

そのうち誰かが悪意ある亜種をばらまくんじゃね?

うちの奥にあるルータも感染したいのですが

これ、ミニスカートの女子高校生に、本人の同意なしに勝手に毛糸の下着を上から穿かせているようなものだよね。

だいぶ違う。
ミニスカートは当人の意志だが、ルーターの低セキュリティは当人が認識していない場合が殆どだろうから。

こっそりおしめつけるようなもの

PCのディバイスがウイルスに感染しました
削除するには今すぐOKをクリックしてください

最近、こんなのが頻繁に出ますだ

意図ではなく能力に備えよ
「おまえの家に入りたい放題だが安心したまえ、わたしは正義の味方だワハハハハ」
ちっとも安心ではないわ

鍵掛けて、自分も入れなくしたんだろ。

そんなこと確かめる術もないので
信じられるわけないわwwww

みたいなヤツが使ってるルーターをこっそり弄ってくれてるんだろうなぁ

10万台に感染させた手法も気になる

クラッカーじゃなくてハッカーだな。

そんなこと言われても
全く信用できないわwwww

っと、マルウェアの開発業者は…
新しいビジネスモデル登場…(マッチポンプと言うんですが)
などと勝手に妄想してみた…

>AppleやAmazon、Samsungや他の企業が、ユーザーが望まないソフトウェアをデバイスにインストールしたり
>アンインストールしたりすることは許可されるべきではありません」

いいこと言うな

人の家に忍び込んでこっそりドアのチェーンを修理していくかのごとき所業

引用元・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444276597/
この記事にコメントする
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。