名前
メール
件名
本文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

タイムマシンがあったら見たいと思う歴史の場面を挙げてけ

Microsoft初にして究極のノートPC「Surface Book」を発表

feedlyフォロー
この記事にコメントする

日本に文系はいらない?教育政策転換で文系学科廃止に

教育
  • 日本政府は全国の国立大学に対し、社会科学や人文科学、法学の教育を廃止するよう指示した。
  • この要請に法的拘束力はなく、トップレベルの国立大学2校はこの要請を拒否した。
  • 曖昧性のある文系の学問ではなく、エンジニアリングなど理系のスキルを国民に身につけさせることを意図した経済政策の一部だと説明される。

日本の経済情勢、あるいは安保法案をめぐる国会での殴り合いのニュースに興味を持つ人は、国内外問わず多い。だが同国では、ほとんど世間の注目を浴びないところで、教育政策に関する重大な、そして非常に憂慮すべき方針転換が行われた。

端的にいえば、日本政府は全国の国立大学に対し、社会科学や人文科学、法学の教育を廃止するよう指示したのである。下村博文文部科学相の通知という形で出されたこの要請に法的拘束力はなく、トップレベルの国立大学2校はこの要請を拒否した。しかし数十の大学が従う動きを見せており、これらの大学では今後、経済学部、法学部、文学部、社会学部、政治学部の学生がいなくなるだろう。これは劇的な驚くべき変化であり、もっと関心を集めてもよいはずである。

時代遅れへの回帰

この転換は多くの点で日本にとって悪い兆候だ。何よりもまず、社会科学を切り捨てるということは、時代遅れで欠点のある産業政策への回帰を示す可能性がある。この転換の解釈として、曖昧性のある文系の学問ではなく、エンジニアリングなど理系のスキルを国民に身につけさせることを意図した経済政策の一部だと説明される場合が多い。しかしこれが本当に政府の狙いだとしたら、方向性として非常に問題がある。

1960~70年代に日本経済を急速に成長させる原動力になったのは製造業である。これは発展途上国に共通する現象だ。しかしその後は、国が裕福になるにつれてサービス業に移行するのが典型的である。金融、コンサルティング、保険、マーケティングなどの産業は、物理的な製品を生み出す代わりに、生産効率の改善方法の体系化を促す。生産性の向上は日本の喫緊の課題の一つのはずだ。人口減少期に入った日本では、生産性を上げること以外に成長する道はない。

しかし日本では90年代初頭以降、生産性向上ペースが非常に緩慢で、米国と比べるとはるかに劣っている。この状況を打開したいならば、スキルのあるエンジニアを増やすだけでは不十分だ。エンジニア相手でもマネジャー同士でもコミュニケーションをとれるようなマネジャー、事業計画や戦略的ビジョンを考え出せる人材、日本ブランドの認知度を確立して高められるマーケターが必要になるだろう。また、古い衰退業界から生産的な新しい業界への資産の流れを誘導する投資家も必要だし、国際的な法制度の中で企業が知的財産をめぐる訴訟に対処するときに活躍する法律家や、不採算企業のオペレーションを精査して成長力を取り戻させるコンサルタントも必要だ。

言い換えれば、社会科学や人文科学を学ぶ学生もたくさん必要だということだ。したがって文科省の進める変更は経済的な大きな後退だといえる。しかしもっと憂慮すべきなのは、その通知の背後にある日本の政治や政策決定プロセスかもしれない。

日本の人文学部は米国と同様に政治的左派に偏っており、保守派である日本の現政権は安全保障政策を転換しようとしている。もしかすると今回の教育政策の変更は、意見の相違や議論を封じ込めることによって国をよりリベラルでない方向に持っていこうとする、保守層の大きな試みの一部なのかもしれない。

不透明なプロセス

もっとも、今回の件で明らかになったのは、日本の政策決定プロセスが専制的で機能不全に陥っているということだ。関東学院大学経済学部の中泉拓也教授によると、今回の通知は下村文科相本人ではなく、文科省の職員が書いた可能性がある。もしそれが本当ならば、国の経済・社会体制全体に影響を及ぼすような大規模な政策転換が、役所の職員によって、説明責任の所在の分からない不透明なプロセスで決められたことになる。

中泉教授はまた、この政策転換が財務省や経済産業省と協議することなく決められた可能性も示唆した。もしそうなら、さらに由々しき事態である。財務省や経産省はサービス産業を強化する必要性を理解している。しかし、もし両省が文科省による政策転換を承認していないのだとしたら、彼らの目標を脅かすような政策が、彼らの目と鼻の先で勝手に決められようとしていることになる。

これは政策決定システムが混乱し壊れていることを示す兆候で、日本にとって非常に悪いニュースである。また、この政策転換の唐突さと影響範囲の大きさ、そしてこのような計画が立法機関ではなく省庁から出てきたという事実も、チェック機能と平衡感覚の恐ろしいまでの欠如を物語っている。密室で生み出された説明責任の不透明な政策を撤回させるには、大規模で金のかかる国民の運動が必要だ。一部で反対運動が組織され始めているとはいえ、それらが功を奏したとしても、今回の政策変更が多大なリスク、コスト、混乱を生むことは避けられないだろう。

日本は社会科学や人文科学分野の教育を続ける必要がある。発展途上国の成長モデルへの回帰という破滅的な試みを回避する必要がある。専制的ではない、より安定した透明性のある政策決定の形が必要である。下村文科相の通知は、これらすべての先行きを暗くするものといえよう。(コラムニスト Noah Smith)

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/151006/cpd1510060500007-n1.htm
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

タイムマシンがあったら見たいと思う歴史の場面を挙げてけ

Microsoft初にして究極のノートPC「Surface Book」を発表

キャリアじゃないと出世しないが

あえて言うならドイツからスポーツ抜いたような国になるな

経済学も社会学も数式を駆使しなきゃならないから、今の日本の文系とは違う人種じゃないとできないよ。
そういう意味で理系に組み込めばいいんじゃないかな?

文系は一流大学だけで充分だろ

ノーベル賞とってる人は
独立行政法人前の人ばっかだろ

そういえば、ノーベル経済学賞は、一人もいないですね。

欧米の理論を、翻訳しているだけだから。

文系は、翻訳学部に集約しましょう

正確な翻訳能力だけが命だから。

人工知能で翻訳が出来るようになったらおしまいだけど。


日本では「経済学」は文系の範疇だが

諸外国では、理系の範疇です。

数字に弱い経済学者って考えられませんので。ヽ(*´∀`)ノ

文系が悪いんじゃなくて
悪い奴が好んで文系になりたがるのが問題なんじゃね?

悪い奴が入れないぐらい文系のレベルを上げれば解決

好きでやるなら学生集めの奇抜な学科以外は無駄じゃないんだけど
頭悪い奴がとりあえず文系ってのが多いから、そいつらは大学行かずに働かせた方がいい
あと経済は理系に入れてもっと数学力を鍛えた方がいい

大学の研究は、大学でしかできないようなものにしぼるべき。
政治思想や哲学を語ってるだけの人はブログでやればいい。

国語教育の強化 英語教育は不要 

数年前まで「数学なんてつかわねーだろ。いらね。」
今「文系なんていらねーから。」

そのうち文系も理系もいらないと言い出すんじゃね?
そりゃいらないわ。途上国ならなw

肝心の金融、コンサルティング、保険、マーケティングが
文系の学生より理系の学生を採ろうとしているじゃないか

国立に文系は要らない。
公立私立にあればいい。
ただ、理系の範囲をどうするか議論の余地はある。

日本に無駄な文系が多いのは事実
ただし、国立ではなくて私立の文系を廃止するべき

逆だな、
私立はバラエティ豊かに個性的な大学にして、税金たっぷりの国立は
国の発展に直結するような大学にする、没個性でおk

>私立はバラエティ豊かに個性的な大学に

そもそも大学名乗る意味ないだろ。
つーかそういう奴らは高卒で働けよ。
その方が早婚で少子化対策にもなる。

文系は1/10にすべきだね、だって必要なのはその1/10のエリートだけだし
残りは高卒がやれる仕事するしかないのだから、最初から理系に入れたほうが良い

文系と言うよりFラン(そのほとんどが文系)不要。

つーかMARCH未満の私大は廃校の方向で。

ドイツのように学者になりたい人だけ大学に行けばいい
それ以外は専門学校で20歳で就労
これがベスト、技術を磨いた20歳ならどこでも働ける、引く手あまた

文系学問が悪いんじゃなくて
文系学部に行って勉強しない連中が多いのが問題なだけなんだよな

金儲けの最高学府MBAで学ぶのは統計等一部数学を除けば後は全て文系科目

もはや文系の大学なんて18歳入学・22歳卒業に拘る必要はない。特にFランなんかは。
文系の学問の殆どは定年後や子育て終了後(女性の場合)でも充分。
Fラン文系なんかは18歳入学に拘るのをやめて、若い頃に家の事情で大学に行けなかったり、
女だからという理由で大学に行かせてもらえなかったシニア層の潜在需要に門戸を開放した方がいい。

なかなかいいアイデアだと思う。

怪しげな留学生をいっぱい増やすよりずっといい。

Fラン大学を全部廃止するだけでも効果あるで実際

まあ、会社で害悪を撒き散らしているのも文系が多いよな。
理系の成果をいかに搾取収奪するかしか考えてないのが多すぎる。

ああ、それはすごく感じる。
でも分かりやすいマニュアル書けない理系にも問題がある。
だからコミュ障の引きこもりと勘違いしちゃうんだろうな。
説明文書くときは固有名詞に十分注意する事。

理系は古典、漢文教育をなくす代わりに、現代文の良文のみを
徹底的に読み込ませた方が良いだろうな。
悪文は逆に国語力を劣化させちゃうからな。

文系の価値の本質は国語力だろうw
いや、英語力かも知れないが、言葉をこねくり回す言語能力は必須だw
言葉を巧みに操り相手を如何様にもコントロールする。
文章能力でミスもチョンボも帳消しにする。
時には法やデータなどのからくりも巧みに使い相手を納得させることもあろう、
しかし、一際抜きんでたコミュニケーション能力で人と人の間を取り持つ、
インターフェイスになる能力こそが文系の武器だ、

しかし、お前らはどうよ?
コミュ力、コミュ力、コミュ力、コミュ力、コミュ力、コミュ力、

コミュ力不足というレッテル張りで人を排除するしか能が無い、
結果として組織は統率を失いバラバラ、
つまり、「教育政策の転換」に舵を切るなら、文系大学卒業学歴の価値は無い、
本当に文系能力を発揮している人以外は、

リストラの対象だw

そこん所をしっかり理解するようにw
しかし、大丈夫だ。
リベラルアーツって本来そういうピンチの時に発揮するものだろう?ww

まあ、そうだよね
本質と言うか基軸だよねw
でも話して解らん奴がいるから言語以外のやり方があるわけでw

まあ組織をつくる学問という指摘はそうだとは思うw

文系のソルジャー要因なんか高卒で十分って産業界からの要請

というか問題の本質は少子化による学生の質の低下であって、
文系理系云々の話ではないと思うが

英語がしゃべれない英文科とか潰せばいい。
しゃべれないなら、小説1冊日本語に翻訳できるぐらいじゃないとな。

いい加減、文系理系とかいうのやめろ。
学問はボーダーレスなんだよ。

  
文系教員は極左の巣窟になっていおり、

国益どころか反日活動の拠点になっている。

まずはそいつらを駆逐せんと。話はそれからだ。

>金融、コンサルティング、保険、マーケティングなどの産業は、物理的な製品を生み出す代わりに、
>生産効率の改善方法の体系化を促す。生産性の向上は日本の喫緊の課題の一つのはずだ。

金融もコンサルも保険も、理系出身者でも活躍してます。
マーケティングも、データ解析が重要になってきて、理系出身者が進出。

なぜ、文系がダメかって?
「数学が苦手だから文系」という者が多いから。

まあ、文系の基盤のない理系の集まりは、ただの「職人集団」となってしまうからなあ。

理系にもカスみたいな学生もいるが、文系にも当然、それが多いってのも仕方ないこと。
どちらも優秀な人材は数が限られている。

しかし、そういう中でも「文系」は「理系」の基盤として必須ということだ。

ま、もう今さら何をやっても手遅れだよ
政治も役所もどうしようもない

ってか、人文系のレジャー大学なんかほっといてもなくなるだろ
黙って補助金切ればいいだけだわな

Fラン学者と学生への補助金がマジで無駄

もう一歩踏み込んで、理系学部の文系要素すら取ってしまうと何になる?
中卒の職人といっしょだよ
大学なんていらねーんだよwwwww

文系の学問は大事だが、文系の学士を量産する価値はない。

すでに、日本は経済二流じゃなかったっけ?
「もはや一流ではない」と政治家が言ってたよね

失われた30年をやってしまったから、迷走しつつも変えていかねばならないだろう

文系は数学から逃げていい
っていう受験システムをやめたらいいだけの話だろ

理系は英語から逃げてない

ワシもそう思う。
公私関係なく数学と物理・化学は必須受験科目にすべき。

事実に基づいた検証ができる歴史家/歴史屋を育てる必要はあるね。
海外の歴史捏造プロパガンダを打ち負かすインテリジェンスも備えた愛国者が日本に必要。

日本の製造業でも研究機関としての
需要は今後もある。
だが一般教養専攻学部は要らない

教育は社会のニーズに応えるべきだ
ニーズの無い人材教育なんてレジャーや自己啓発、趣味でやればいいんだ

自分が失業リスクにさらされる文学部の教職員は反発するだろうがな

理系のノーベル賞受賞者に文系軽視がいいのか聞いてみりゃいい。
まあ十中八九やめろというだろうがな

文系の教養が必要なのはそうだろうが、
文系の人自体が、文系の学問を軽視しているんだよ。
学生は勉強せず、研究者の研究も碌な成果は出していない。
もちろん、例外もいる。
梅棹忠夫や柳田國夫なんかは俺も尊敬している。
(あ、ごめん、二人は理系出身だった・・・)

文系軽視がいいとは思わないけど
企業の研究開発部門が文系に潰されてる感ははんぱないわ

文系は公務員試験勉強か
在学中に行書 簿記一級 情報処理とらなければ
ただの遊び学部

中学受験でもそうだが、算数を制する者は受験を制するって言われたお
算数が一番点数の差が出るんだお。

ゆとり前のNHKで、現在のクロ現に該当する番組で"小学4年分数の壁"っていう題目があった。学校の授業に取り残される最初の試練として。

沈みきる前に、発展途上国としての国策を取るのは、正しい選択だと思うけどね。
いつまでも登り続ける国なんて、過去になかったんだから。

人が少な数ぎて淘汰されない理系と、
人が多すぎて淘汰されない文系、
文系を締め付ければWin-Winじゃないか。

先進国のつもりでいるのが間違いじゃねえの

日本はシステム的には今だって途上国じゃないか

社会科学なんて理系の人間がやればいいだけ

なぜ文系理系と分けようとするんだろ
どっちも必要だろうが

引用元・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444176295/
feedlyフォロー
この記事にコメントする
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。