名前
メール
件名
本文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

古代日本人の宇宙観ってどんなだったの?

6Gのメモリーに500Gのストレージを搭載したスマホがあったらほしい?

feedlyフォロー
この記事にコメントする

YouTube「従わないなら投稿した動画消すンゴwwwww」 ユーチューバーに対し有料動画サービスの契約を要請

youtube_20151022214932c8d.jpg
  • YouTubeは、ユーチューバーに対し9.99ドルのYouTube Red定期購読の広告収益分配契約に署名を要請。
  • 拒否した場合、ビデオは広告付、広告なしいずれの一般公開対象からも外れることを正式発表した。
  • クリエーターたちに選択の余地はなく、既存の広告収入も、新たな購読収入も断たれることになる。

YouTubeは、有力ビデオクリエーターに対して事実上拒否できない提案を持ちかけた。

応じなければ彼らのコンテンツは消滅する。今日(米国時間10/21)YouTubeは、広告収入を得ている「パートナー」は、同社の新サービスYouTube Redの9.99ドル広告なし定期購読の広告収益分配契約に署名しない場合、そのビデオは広告付、広告なしいずれの一般公開対象からも外れることを正式発表した。

これには、人気のコメディアン、ミュージシャン、ゲーム解説者、DIYインストラクターなどが含まれる。

これは容易にはのみにくい提案であり、YouTubeはいじめっ子のように見える。

既存のファンを無料視聴者から有料購読者に変えることは、クリエーターにとって広告収入が増えることを意味するが、契約の強制は高圧的に感じる。

Googleによると、目標は一貫性を守ることであり、Redを購読しようとするユーザーが、広告なしサービスでお気に入りのチャンネルを利用できなくなる心配をしなくてすむためだという。

しかし、なぜ契約していないクリエーターのビデオに “Not On Red” というしるしを付けるのではなく、「署名さもなくば削除」という戦略を取らなければならないかの説明はない。

最高事業責任者、Robert Kynclは今日のYouTube Red発表イベントで、YouTubeで見られているコンテンツの99%は引き続き利用可能だと語り、大部分のクリエーターが署名に応じたことを強調した。

しかし、クリエーターたちに選択の余地はなく、さもなければ既存の広告収入も、新たな購読収入も、ファントのつながりも断たれることになる。

Kynclによると、YouTubeは「収益の大きな、大きな部分を」クリエーターに支払うと言っているが、パーセンテージの詳細については繰り返し説明を拒んだ。音楽定期購読サービスのSpotifyは70%を支払い、Apple Musicは71.5%を支払っている。今年変更されたYouTubeパートナープログラム規約には、クリエーターは収益のわずか55%を受取る書かれている。これは他と比べて低い率だ。

報酬は視聴時間に応じて分配されるため、長編ビデオのクリエーターは短編制作者より実入りが大きい

そして誤解のないよう言っておくと、削除される状況が起こりうるのは、YouTubeパートナー ―非常に人気のあるクリエーターで既に55%の広告収入を自作ビデオから得ている ― だけだ。

ホームビデオをYouTubeにアップロードしている一般人は何の心配もいらない。

Google Play Musicの権利保有者がどう影響を受けるのは不明だ。

もし定期購読収益の同じあるいはもっと低いパーセンテージを、音楽制作者とYouTube作者の間で分配しているなら、双方とも実入りが減ることになる。しかし、私がYouTubeから非公式に聞いたところ、しくみはそうなってはいないとのことなので、Play Musicの権利者にとってこれが何を意味するかに関しては今後の情報を待ちたい。

理論的に、もしYouTubeが、クリエーターの制御を著しく損うことなく収益を増やす方法を提案したなら、彼らは喜んで応じるはずだ。しかしそこに無理強いがあれば、将来YouTubeとGoogleがクリエーターとどうつきあっていくかに関して、気がかりな前例を作ることになる。インターネットの事実上の標準ビデオプラットフォームという存在は、従わなければコンテンツを削除するという脅威を盾に、強大な力を彼らに与えている。さらに契約条件を変えることを誰が止められるだろうか?

Googleは、その膨大なリーチを不適切に利用していると批判されてきた。

特に、Google+およびGoogle Placesが検索結果で有利な扱いを受けてきたことについて。

今回YouTubeが、コンテンツを無料有料いずれのサービスでも常に利用できる、彼らが「一貫性」のあるユーザー体験と呼ぶものを、コンテンツ所有者本人の願望よりも優先していることは明らかだ。

http://jp.techcrunch.com/2015/10/22/20151021an-offer-creators-cant-refuse/
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

古代日本人の宇宙観ってどんなだったの?

6Gのメモリーに500Gのストレージを搭載したスマホがあったらほしい?

刈り取りはじまったなぁWWWWWWWW

「刈り取り」
良い言葉だね。この手のプラトフォーム型ビジネスが怖い所
amazonも少しずつ刈り取り始めてるし

内容は悪くないけど強制だから嫌だとか
左翼みたいな屁理屈捏ねてるだけやん
嫌なら他の動画サイトに移動するなり自分で鯖立ち上げれば。

儲かってる奴ならいいけどぎりぎりのやつはきついだろこれは

どんどん自分に都合がいいように変えるのがアメリカ流
TPPもこうなるで

有料だと見ない層が増えるからtutube側のアクセス数分の支払いは減るんじゃない

たかだか月1000円だろ
会費と思ったら安いもんだろ
YouTuberは月数十万稼いでるんだし

稼いでいない奴が殆どだよ

ロイヤリティにしそうだなw
フランチャイズみたいにしたほうが
ツベは儲かるだろうしな。

こんなもん他にいくだろ?

ねずっち支払えるのか?

胴元だから強いよ
ツベ以上の動画サイトはないし、アップルあたりが何か作れば変わるかも

そういえば短時間で何億回って再生数のジャンルがあったねぇ・・・w

これ、他の動画サービスにとって物凄いチャンスでは?
条件次第で、大移動が起きるでしょ

視聴者が金払わないと見れなくなるから、困るのは誰でもない俺ら

支払い下げりゃいいじゃん

そりゃそうだろ、お互いビジネスてこった

他の動画サービスってニコニコ動画以外あるのかな?
アーティストのPVとか見られなくなるのかなー。。。

そりゃヒカキンみたいなのに「有料会員にはウチのコンテンツは見せません、
CM付きで見てください」なんてワガママを許してやる義理はないもんな

有料CMなしか無料CM付きかを選ぶのは利用者であって、
コンテンツを作ってる側が強制することじゃないわ

どうしても嫌なら自分でスポンサー探して配信しろって話。
Youtubeに群がるユーザーのコバンザメなんだから、おとなしく従っとけって。

もうさすがというか
これやるためにYOUTUBER流行らせたんだろうなw

有力じゃないユーチューバー()のは全削除
有力()なユーチューバー()のは完全有料化にしてくれ

ニコ動以外移動先無いだろ。
デイリーモーションはどうだ?
フランスだから強要は無いだろ。

まあ、どんな無理な要求でも、
動画削除しますわって言えば必ず通るわけだからなあ。
さすがに狩猟民族は、うまい狩り方を考えるもんだな。

媒体主に従属的なのはどこでも一緒だろ

二番煎じ以下の読み上げしかしてないゴミみたいな動画は全部削除でおk

単に動画やチャンネルを、有料サービスでも無料サービス同様に再生出来るようにするだけの契約じゃねーのこれ。

拒否るyouuberがいるとは思えないけど、デメリットないから。
規約変更時に同意できないならサービス使えなくなるのも普通だし。

ウザイ連中が消えてくれるならいい

tubeで1000は無い
300位やろ

はじめしゃちょーどうなんだろ

金払ってまでヒカキンの動画見るやついるのかね

xboxでyoutube見られるけどPS4でも見られるの?
両ハードからの収入も高そうだね
ところで、次世代機はニコニコ他とも連携すると思う?

ニコニコでもひまわりでもよそにいくらでもあるだろ

一度シェアを取ってしまうと勝てないだろ?
だって使うのは素人ユーザーだから乗り換える動機がない

youtuberの視聴者って学生が大半らしいぞ
大学生はいいとして小中高の学生がメイン視聴者のyoutuberは死活問題

投資額に見合ったリターンを得るために
今以上にむちゃくちゃやる奴が増えるんじゃないかと心配

引用元・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1445505355/
feedlyフォロー
この記事にコメントする
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。