名前
メール
件名
本文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

未だにガラケー使ってる化石みたいな奴wwwwwwwww

Macは企業で使いものになるのか?

feedlyフォロー
この記事にコメントする

グーグルの商用量子コンピューター「D-Wave」が大幅アップグレード

00-top (1)
  • グーグル、量子コンピュータ「D-Wave」をアップグレードの予定。
  • 512量子ビットから、1,000量子ビットを超える飛躍を遂げようとしている。
  • D-Waveが伝統的な物理学を超える性能を見せたと示唆する研究を発表した。

グーグルは、同社が有する量子コンピューターをアップグレードしようとしている。

「D-Wave」として知られるこのマシンは、量子コンピューターの基本的な構成要素である512量子ビットから、1,000量子ビットを超える飛躍を遂げようとしているのだ。

グーグルはNASA(米航空宇宙局)や米大学の宇宙研究団体と協力して、同社のマウンテンヴューにある本社からさほど離れていないNASAエイムズ研究センターで、その量子マシンを稼動している。

このマシンを生み出したカナダ企業D-Wave Systems社は、7年間の定期的なアップグレード提供を発表しているが、今回のアップグレードについて同社ビジネス開発および戦略パートナーの責任者、コリン・ウィリアムズはこれを「同社の歴史にとって最も重要な出来事」だと評した。

科学者が量子コンピューターに求めるスペックを完璧に満たすものとはいえないが、この飛躍は量子コンピューターに急激な改善をもたらすことになる。

何ができるのか? グーグルやパートナー企業は、いまだそれを探っている。

しかし、グーグルはD-Waveが今日のコンピューターに勝るケースもあると自信をもっているし、南カリフォルニア大学の科学者たちも、D-Waveが伝統的な物理学を超える性能を見せたと示唆する研究を発表した。

長編レポート:D-Waveはホンモノの「量子コンピューター」?

今回伝えられている内容については、考慮すべき特質がもう1つある。能力の飛躍的な向上にもかかわらず、システム稼動に必要なエネルギー量はほぼ同じままだと言うのだ。D-Wave Systems社のウィリアムズ氏は、「わたしたちは、変わらない電力消費で性能を上げることができます」と言う。

量子コンピューターは、量子メカニズムの原理、電子や光子といった非常に小さなものの物理特性によって作動する。

昔ながらのコンピューターでは、トランジスターは1つのビット情報を保持する(トランジスターが〈オン〉なら〈1〉、〈オフ〉なら〈0〉という具合だ)。

しかし量子コンピューターでは、重ね合わせの原理のおかげで、情報は同時に2つの状態で存在できる。

「量子ビット」では〈0〉と〈1〉を同時に保持できるのである。そのため2量子ビットであれば4つの値(〈00〉、〈01〉、〈10〉、〈11〉)になるわけで、量子ビットの数を増やし続けると飛躍的にシステムの電力を増やすことになる。

D-Wave Systems社は、この問題に帯する解決策を見つけたと考えている。

同社は2007年に16量子ビットのマシンをリリースした。数年後には512量子ビットに達し、グーグルはNASAとともにマシンテストを始めた。量子ビット一つひとつが超伝導回路、つまり電流を流す小さなループであり、電流が同時に双方向に流れるよう回路は極めて低温で管理されている。

D-Waveは一般的なコンピューターではない、つまり、“あらゆるタスクをこなすコンピューター”ではない。

しかし、D-Waveは最適化問題や機械学習といった諸問題にも適切に対応していると言う。

http://wired.jp/2015/10/12/d-wave-upgrade/
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

未だにガラケー使ってる化石みたいな奴wwwwwwwww

Macは企業で使いものになるのか?

量子コンピュータ用のプログラム言語が増えるのか?!

何かに使えたのか?

とっくに実現されていたのか

この会社、グーグルが買い取ってたのか
ますますコンピュータの進化がすすむな

用途的に向き不向きがはっきり出るの?>量子シコンピューター

> 電流が同時に双方向に流れるよう回路は極めて低温で管理されている。

たしか前にテレビかなんかで紹介されたときの映像を見ると
スパコン並みの物凄い冷却設備で
性能とか量子とかいう以前に電力コストが半端じゃないようだったな。

ほぼ絶対零度だったはず。
今回の量子ビット増大から既存のスパコンでは及ばない領域にいけるはず。実は応用範囲が限られてるけど、組み合わせ問題には使えるから人工知能がどんな発展するか楽しみ。

作りっぱなしじゃない所は評価できるね。

もうあるの?

・巨大すぎ
・極低温冷却が常時必要
・ビットエラー訂正が多すぎ
・演算能力低すぎ(5年前のPCより能力低い)

この辺クリアできない粗悪品

サージとか外部の影響に対して脆弱にはならんの

量子ビットを身近に扱える概念として理解するのが難しすぎる
パソコンの大先生レベルじゃ無理だな

量子コンピュータ、ビッグデータ、IoT、スピン半導体、これらはコンピュータ
業界界隈の詐欺師が使うバズワードの最新トレンド。

先行した集団の実用化したアルゴリズムが先の世界を支配する

技術先行されてるけど日本は大丈夫なのか?
研究開発費ぶっ込めよ

税金の無駄遣いになるだけだぞ。

はぁ?研究開発が税金の無駄遣いになるわけない
失敗しても優秀な人材が育つから
お前みたいなアホはレスすんな

量子ビットって確率だろ
確率でもの決めんなよ

営業の客先周りの最短ルート決定くらいには使えそうだな。
粘菌でやってもいいんだけど。

引用元・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444626400/
この記事にコメントする
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。