名前
メール
件名
本文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

Xperia Z5の実機を触ってきた結果・・・熱いwwwww

CPUが0と1だけで処理してるらしいんだけどさ

feedlyフォロー
この記事にコメントする

自分が死んだ後のパソコン、HDDの中身が心配でたまらないwwwww

2129430_2015101200091596d.jpg
  • 夫が亡くなったあと、妻が夫のパソコンをみて写真データを検索したら不倫相手との写真が見つかるという事例が。
  • 使用者が死んだ場合、使っていたパソコンやスマホの所有権は相続人に移るため、家族は自由に中を見られる。
  • 見られたらまずいデータがある人は、死んだ後に見られないようにきちんとした対策をしておかなければならない。

夫が死んだ後、パソコンの中に怪しい写真が

近年、遺族が故人のパソコンの中身を見たいと希望するケースが増えています。


と言うのも、最近は、写真といえばデジカメで撮影し、あまり印刷もしないので、写真のデータがパソコンの中に入ったままのケースが少なくありません。

たとえば、夫が亡くなったあと、夫が使っていたパソコンからデジカメの写真を取り出したいと思うのは当然です。

こうして、亡くなったあと、遺族が故人のパソコンを見ようとするわけです。

ただ、ハードディスクの中には、家族との写真以外のデータも保存している人がほとんどではないでしょうか。

夫が突然死してしまった。そして、妻が夫のパソコンをみて写真データを検索したら不倫相手との写真が……、


なんて事態も容易に想像できます。不倫の写真でなくても、生前に保存したアダルト動画が妻に見つかったというケースもあるようです。

「パソコンにはログインするパスワードがあるから大丈夫」と高をくくっていませんか。
実は、簡単なパスワードなら、パスワード解析ソフトを使えばイチコロ!
そもそもハードディスクを物理的に取り出して、他のパソコンを使ってデータだけ吸い出されてしまう可能性だってあります。

「勝手にパスワードを解析したり、ハードディスクからデータを吸い出したりデータを見るなんて、プライバシー侵害だ」

と騒いでみても、その時、あなたはこの世にいないのです。

法的には、パソコンやスマホ、携帯電話もただの動産です。
あなたが亡くなれば、あなたが使っていたパソコンやスマホの所有権は相続人に移ります。

相続人としては、自分のパソコンのデータを見るために、パスワード解析したり、ハードディスクからデータを吸い出したりしているだけなので、何ら違法なことをしているわけではありません。 「いや、死者にもプライバシーが!」などと言ってみても、死んでしまったあなたが相続人相手に裁判を起こすことは不可能です。

そうなると、見られたらまずいデータがある人は、死んだ後に見られないようにきちんとした対策をしておかなければいけないのです。

このような対策・考え方を、最近では「デジタル終活」と言います。

デジタル終活では、どのようなことをすればよいのでしょうか。

まず行うべきは、見られて良いもの(家族写真やムービーなど家族が見たがるもの)と、個人的なデータを区別することです。
データによってパソコン自体を複数に分けてしまうのもひとつの手です。
さらに、家族写真など家族と共用するデータについては、家族共用の外付けハードディスクなどを用意したり、クラウドサービスを利用したりするなどして、ふだんから家族もアクセスできるようにしておくということでもよいかと思います。

では、見られたら困るものはどうすればよいのでしょうか。
たとえば、データそのものを暗号化する外付けハードディスクに保存すれば、データを吸い出されるということは防げるようです。
さらに複雑なパスワードを設定しけば、そう簡単に見られることはないかと思います。

また、私は使ったことがありませんが、一定期間パソコンを起動しない場合や亡くなったあとに特定のアイコンをクリックすると、メッセージを流しているバックグランドでデータを消してくれるというソフトもあるようです。
そのようなソフトを利用してもよいでしょう(ただし、自己責任でお願いします)。

最近では、FacebookやTwitterなどのSNSを利用していた人が亡くなり、遺族が死亡したことを伝えるために、アカウントにアクセスしたいという要望もあるようです。

もし、遺族がアクセスしてもいいと考えるなら、アカウントとパスワードを分かるようにまとめておきましょう。

ただ、しっかりと管理をしておかないと、生きている間に不正アクセスされる可能性があるので注意が必要です。

さらに、エンディングノートを利用してSNSなどのアカウントをまとめておくというのも一つの方法です。

ただ、エンディングノートは、誰かに見てもらうことを前提にしたものですので、パスワードについては、一緒に書いておかない方がよいでしょう。

パスワードだけは別に保管をしておき、万が一のときのことを依頼する人にだけ、保管場所を伝えておくということをお薦めします。

http://president.jp/articles/-/16120
この記事にコメントする
コメントを読む
↓続きは下に↓
シェア ツイート google+ はてブ

Xperia Z5の実機を触ってきた結果・・・熱いwwwww

CPUが0と1だけで処理してるらしいんだけどさ

死んだ後のことなんてどうでもいいです

同意です、生き恥をさらさなければいいや

死んだ後、残された家族が恥をかくんだよ

俺は暗号パスワード付きのUSBに移した。

遺言に、絶対見るな!とだけ書いておく。

見れるものなら見るがいい
どうなっても知らんぞ

何のためにパスワード認証があるんだよ?

                    終了

死んだら後のことなんてどうでもええやろw
家族が居ればそっ閉じしてくれるだろうし

俺が死んだら、このUSBメモリーを挿して起動してくれ ガク

今までありがとうございました。なお、このPCは自動的に消滅します

BitLockerで全ドライブ暗号化して、パスワードは俺の頭の中だけにしかないから
パソコン起動中に死なないかぎり問題なし。

立ち上げる時のパスは簡単に解けるのか???

キャラによるんじゃね。

隠してあるから漁っても簡単には見つからない

信託銀行に処理を依頼するか

どうしてあげたら一番良いのかしら?もう中味を確認しないで消去?その後HDDだけ再利用?

普段から周りに言っとけば気楽に往生できるぞ。

友人達と先に死んだ奴のHDDはお互いが責任をもって回収する契約をしてる
そのデータを使うも処分も一任

最後に残ったやつは自己責任だがw

 素晴らしいなw、動産ではあるが金銭価値のないものだから
司法書士を噛ませなくとも数人で契約書類と署名・捺印で十分だよね。
なんせ相互に、HD内部のデータの破棄権利を所有するんだから・・・。

死んだ爺ちゃんのPC内から金髪ヌードフォルダを見つけたときには
ものすごい微笑ましくなった

微笑ましい通り越してドン引きレベルのデータを10TBくらい抱えてて頭痛い

それもまた自分という存在なのである
遺族たちの失笑を買えばいい

写真と動画でファイル数が10万越えていた・・・orz
700GBある

一つのハードディスクにまとめればいいよ。
暗号化しとけばよっぽどの事が無ければ諦める。

USBメモリに書き込んどいて、手提げ金庫にでも隠しとけ。
数年アクセスしないでほっといたらデータ消滅するから。100%保障はしないが。

俺も画像掲示板用にしょうもない画像いっぱい貯めこんでるわ
死んだら恥ずかしい

一定期間アクセスないと削除するようなシステムは、事故等で緊急入院し、辛くも生還したとき絶望することになるぞ。ソースは俺

生まれ変わったと思って、それを機会に真人間として生きていけばいいんじゃない?

無理。
入院中は、そんもの仕掛けていたのはすっかり忘れていてな、退院してwktkしてパソコン起動したら空っぽになってた。真っ白になったよ

この前入院したときに真剣に考えたわ
PC回りだけじゃなく部屋の片付けするようになった

誰もが持ってる事を誰もが知っている
恥かしい事じゃない
気にしない

引用元・http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444520831/
feedlyフォロー
この記事にコメントする
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。